20120514_2421667.jpg

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
MOBILE
qrcode
川口一箱古本市
川口一箱古本市に行ってきました。
お天気も良く、とても気持ちよかった。
楽しかったです!


和やか。



550円で絵本と文庫、計3冊購入しました◎
母は、600円で2冊だったかな?
川口は生まれ育った町でもあるので、また来年も行きたいです。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

散歩で発見したもの。
川口神社近くの交番の壁面。


敬礼!なのかなと思いきや



???



ラジオ体操に見える。
うでの形が、問題なのかも知れないよ。

キューポラ工場も描かれていて、キュートでした◎
 
| 日々雑記 | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
甲府おいしいもの
そうそう、出店した2日間、
おいしいものもずいぶん食べたので紹介してみます。
ぜひ甲府を訪ねて食べて下さいね。

. . . . . . . . . . . . . . . 

・ちよださん
写真は、「おざら」。おいしかったです。
おあげさんと野菜のつけ汁にほうとうの麺。
お店の雰囲気も良い感じでした◎
あと、アマタツや向井理のサインがあった。




・六曜館さん
喫茶好きの友人に教えてもらったお店。
訪ねるのは2回目でしたが、やっぱり素敵でした◎
ふるいランプの灯りやステンドグラスを眺めながら
珈琲も、苺がたっぷりのったパフェも美味しかったです。




・奥藤さん
六曜館さんで教えてもらった奥藤さん、
とりもつ煮とほうとうを食べました。
煮干しのだしにお味噌、おあげと野菜がたっぷり。
この組み合わせはおいしいのですね〜◎
家でもやりたいと思います。
こちらのお店は、お蕎麦もとてもおいしいのだそう。





なんちゅうか、
自分のためのメモのようなブログだわ〜。
すみません。

. . . . . . . . . . . . . . . 

夜の散歩中に気になった看板。




やってるょ
 
| 日々雑記 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デンマークのモビール
週末ですね。
とある応募がとおりますように、と念を送っている次第です。

今日は好きなモビールの紹介を。



デンマークでアンデルセンと並び大切にされているという作家、
アンニ&ベント・クヌードセン夫妻の作品です。
50年代に製作された最初のひとつだそう。

シンプルでユーモアがあって、温かくて、洗練されたデザイン。
この写真でしか見たことがないのですが、
ゆったり動くさまはとても愛らしい筈...!
タイトルはfairy、なので正確には小人なのですけれど
サンタはいつどこから来るのか、
キョトキョトして眠れない子どもの様子にも見えます。

現在販売されているのは、リニューアルされたデザインで
量産はコスト面で難しかったのかな、と何となく想像も。
クヌードセン夫妻のモビールは、リビングリー社から販売されています。

街の雑貨屋さんなどをみていると、
デンマークモビールといえば
フレンステッド社かリビングリー社、という印象なのですが
他にも製作しているところはあるのでしょうか?
(コーラとペプシのようにライバルなのかしら。)



. . . . . . 
そうそう、コーラで思い出したのですが
夫妻は60年代にアメリカ大統領選のための
革で出来たゾウ&ロバを大量に製作したこともあるそう。
アメリカ二大政党のマスコットを、
この夫妻が海の向こうへせっせと送っていた、、
想像すると、ちょっと可笑しい。

モビールの事、興味をもったらぜひググってみてください。
ホンヤクサイトもある便利なこの時代。
 
| 日々雑記 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
辻さんアッコちゃん
おはようございます。
ここんさんへ追加納品ぶんのモビールを作る早朝。
モビール、売れてくれるとやっぱり、とてもありがたく嬉しいです。
どんなひとが買ってくださったのだろう、ついつい考えてしまいます。
どんどんよそのお宅へお行き〜、と作りながら念をこめつつ。

ところで 一昨日にラーメンを食べて、そこからの連想ゲームで(?)
久しぶりにアッコちゃん(矢野顕子さん)を聴いていたところ、
読んだばかりの辻征夫さんの詩「かぜのひきかた」に
メロディがついているという驚き!



辻征夫さんの詩、(かぜのひきかた1冊しか読んでないのですが)
キュンとするかわいらしさがあってずるい!そしてとても素敵です。
このところのニュースでグラグラしていた心に、なんだか染みました。

ひとの心を脅かしや不安でコントロールするようなこと、
大きなことであれ ささいなことであれ、私は嫌いです。
| 日々雑記 | 05:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |